確定拠出年金の「個人型」

確定拠出年金の「個人型」

確定拠出年金の「個人型」 公的年金を補完し、老後の生活安定を図る手段として注目を集める確定拠出年金ですが、この制度には企業型と個人型の2種類があります。このうち前者はその名の通り企業に勤める人を対象にしたもので、基本的には勤務先が掛金を負担しますが、加入者個人も上乗せして拠出することができます。一方、後者では拠出も運用もすべて個人単位で行います。
個人型確定拠出年金の場合、原則として60歳まで加入し、60歳以降に受け取ります。毎年分割して受け取るか、一時金のかたちで一括して受け取るかは自由に選択できます。
加入中の掛金の額も毎年1回、増やしたり減らしたりすることができるうえ、掛金をどのような投資商品で運用するかについても運用機関が提示したメニューの中から自由に選ぶことが可能です。つまり、自分のライフスタイルや生活プランに合わせて自由に設計できる年金制度だと言うことができます。なお、毎月の掛金は全額が所得控除の対象になります。

確定拠出年金を利用する際に生じるデメリット

確定拠出年金を利用する際に生じるデメリット 確定拠出年金には数多くのメリットがあります。ただ、当然その存在はメリットだけをもたらしてくれるものではありません。そのため、その利用にあたってはメリットだけでなくデメリットもある程度理解し、その内容に納得したうえで加入するのがおすすめです。
そんな確定拠出年金の最大のデメリットとしては、将来の年金額が確定していない、という点が挙げられます。確定拠出年金は、老後に向けた資産作りを目的に加入者が月額の掛金を拠出し、用意された金融商品を運用することで将来年金や一時金を受け取れるようになる制度です。一方で、あくまでその存在は金融商品にすぎないため、その額は受け取るときまでいくらになるかわかりません。また、自ら運用する。その行為自体になれていないとそれ自体に面倒さを覚える人も多いかもしれません。
さらに、その運用にあたっては複数の機関に運用管理手数料を支払う必要があります。その額は月数百円程度と高いものではないものの、長期でかけるのが基本がゆえにそれなりの金額になる点には注意しましょう。