税の控除が受けられる!

税の控除が受けられる!

税の控除が受けられる! 年金には国民年金や厚生年金といった加入義務を負う公的なものと、任意で契約する私的なものがあります。
確定拠出年金は任意で加入するものなので私的年金にあたります。
加入者が拠出した掛金を自ら運用し、その成果により将来受け取る金額が決まるという年金制度になります。
ちなみに確定拠出年金には企業が導入する「企業型」と、個人的に契約する「個人型」の2種類が存在します。
確定拠出年金に加入することで様々な税金控除を受けることができます。
例えば掛金は全額所得控除の対象となるので、所得税と住民税の負担額が減少しますし、利息や配当・売却益は全額非課税での受け取りが可能となります。
そして年金または一時金を受け取る際にもそれぞれ節税効果を得ることができます。
ただし確定拠出年金の運用において発生するリスクが全て自己責任となることや、管理コストが生じること、掛金は60歳まで引き出すことができない等のデメリットも存在するので加入を検討する際には注意が必要です。

確定拠出年金の運用は個人の選択で自分自身で行うことになります

確定拠出年金の運用は個人の選択で自分自身で行うことになります 将来の年金を自分でしたいと考えている方は多いです。
確定拠出年金は、口座に毎月一定額の掛け金を拠出して、将来の年金としての資産を形成していく仕組みとなります。
企業型は、企業が決まったルールに基づき拠出することとなるのに対して、個人型は掛け金の金額を決めて自分でお金を出します。
掛け金は、全額所得控除の対象となります。

企業型は、会社に勤務している人が対象になる制度であるのに対して、個人が自分で掛け金を負担して将来の年金とすることです。
両者に運用について違いがあるわけではなく、あくまで自分自身であるという共通点があります。
もらえる金額は加入期間などによって決まるわけではないので、自分の責任において確かな知識を持って着実な運用を心掛けることが重要になります。
確定拠出年金は、裁量のあることで自分自身の判断で多くすることや少なくなることもあるということです。
商品の選び方によって結果が変わってくることを理解することが必要です。