バランスよく運用していくには

バランスよく運用していくには

バランスよく運用していくには 企業の退職金制度が変わり、個人での資産運用に委ねられるようになっています。
確定拠出年金が企業によって一部支えられているところもありますが、それだけでは従来の退職金に対しては不足するため、その他の方法を各人で考える必要があります。
個人で運用する方法として注目を集めているのがiDecoとNISAです。iDecoは個人型の確定拠出年金で元本を割り込む可能性こそありますが、節税にもつながり人気があります。
この制度の欠点は企業の年金制度の内容次第では加入ができない点です。始める前に自分の会社がiDecoにも並行して加入できるところなのかどうか、注意が必要です。
一方のNISAは非課税の投資ができ、iDecoと違っていつでも利回りを引き出せるところが特徴です。こちらは企業によって加入できないということはありませんので、より多くの人が始めることができます。投資初心者はどの銘柄を買えばよいのかわからないと思いますので、景気の変動に大きく左右されないよう、債券と証券とをバランスよく購入することをお勧めします。

確定拠出年金は好きなファンドを選んで運用できる

確定拠出年金は好きなファンドを選んで運用できる 確定拠出年金を始めるのあたって、まずは様々な投資信託(ファンド)が商品として並べられていますので、その中から気に入ったものを選ぶことから始まります。
そして、選んだ商品を運用していくことになります。選べる商品数は特に決まっていませんが、商品ごとに性格が違いますので、その特徴や内容をよく見比べて選ぶことが大切です。
たとえば、株の比率を多くしてハイリスク・ハイリターンな商品もあれば、逆に株の比率を少なくしてローリスク・ローリターンの商品もあります。若いうちはある程度リスクオンで運用しても良いでしょう。その後、退職の年齢が近づくにつれて徐々にローリスクなものに替えていくというのがおすすめです。
確定拠出年金にはファンドだけでなく、定期預金などもあります。リスクゼロが良い方は定期預金1本に絞るのも手ですが、それでは確定拠出年金に加入する意味が無くなってしまいます。
投資が初めての方でもそれほど難しくないので、チャレンジしてみると良いでしょう。